profile

kouichi kato
加藤 恒一

略歴 biography
1980宮城県仙台市生まれ
 Born in Miyagi, Japan
2003東北芸術工科大学芸術学部美術科洋画コース卒業
 Graduated from oil painting course, Tohoku University of Art & Design
2005東北芸術工科大学大学院芸術工学研究科芸術文化専攻洋画特別研究修了
 Completed Postgraduate Studies, Tohoku University of Art & Design
宮城県仙台市 在住
Lives and Works in Miyagi, Japan
個展 solo exhibitions
 
2004「FACES COMMUNICATIONS」 exhibit LIVE [laiv] 東京都銀座
 「FACES COMMUNICATIONS」 exhibit LIVE [laiv], Ginza Tokyo
2005「one day one artist」 exhibit Live&Moris 東京都銀座
 「one day one artist」 exhibit Live&Moris, Ginza Tokyo
2008「function girl」 PICNICA 宮城県仙台市
 「function girl」 PICNICA, Sendai Miyagi
公開制作 「加藤恒一の模擬アトリエ」 art room Enoma 宮城県仙台市
 an open works 「kouichi kato's Atelier simulated」 art room Enoma, Sendai Miyagi
2009「empty skin」 gallery M contemporary art 愛知県日進市
 「empty skin」 gallery M contemporary art, Nisshin Aichi
オープンスタジオ・ドローイング展「梅香散歩」 梅香堂 大阪府大阪市
 open studio & drawings exhibition Baikado, Osaka
グループ展 group exhibitions
 
2001「DNAからの解放計画」 東北芸術工科大学7Fギャラリー 山形県山形市
 「Project of a Liberation from DNA」 Tohoku University of Art & Design, Yamagata
「芸美展」 東北芸術工科大学体育館 山形県山形市
 「GEIBI-ten」 Tohoku University of Art & Design, Yamagata
2002「DNAからの解放計画Vol.2」 悠創館 山形県山形市
 「Project of a Liberation from DNA Vol.2」 Yusokan, Yamagata
「NACOM2002」(New Art Conpetition of Miyagi) せんだいメディアテーク 宮城県仙台市
 「NACOM2002」(New Art Conpetition of Miyagi) Sendai Mediatheque, Sendai Miyagi
2003「洋画コース卒業制作選抜展」 東和ギャラリー 東京都銀座
 「Graduation works celected exhibition」 Towa Gallery, ginza tokyo
「てつそん2003」(全国デザイン・アート系大学合同卒業制作展) 旧日出小学校 東京都池袋
 「TETSUSON2003」 former Hinode elementary school, Ikebukuro Tokyo
2004「What's Art Gallery 小品展」 What's Art Gallery 宮城県仙台市
 「What's Art Gallery exhibition」 What's Art Gallery, Sendai Miyagi
「NACOM2004」(New Art Conpetition of Miyagi) せんだいメディアテーク 宮城県仙台市
 「NACOM2004」(New Art Conpetition of Miyagi) Sendai Mediatheque, Sendai Miyagi
2005「TUAD Creators Exhibition 2005」 東和ギャラリー 東京都銀座
 「TUAD Creators Exhibition 2005」 Towa Gallery, ginza tokyo
「fantastic」 exhibit Live&Moris 東京都銀座
 「fantastic」 exhibit Live&Moris, Ginza Tokyo
2006「そこにある。」 画廊はね⁄Gallery d.g. Art Frontier 東京都新川
 「there.」 Gallery Hane⁄Gallery d.g. Arakawa Tokyo
2008「時絵」 art room Enoma 宮城県仙台市
 「toki-e」 art room Enoma, Sendai Miyagi
2009「Enoma × EROnoma」 art room Enoma 宮城県仙台市
 「Enoma × EROnoma」 art room Enoma, Sendai Miyagi
2010「GALLERY M COLLECTION」 gallery M contemporary art 愛知県日進市
 「GALLERY M COLLECTION」 gallery M contemporary art, Nisshin Aichi
他 other exhibitions
2008Free Paper たまにわ Vol.7」参加
 「Free Paper TAMANIWA Vol.7」
2009Free Paper たまにわ Vol.8」参加
 「Free Paper TAMANIWA Vol.8」
東京コンテンポラリーアートフェア2009」 東美アートフォーラム 東京都新橋
 「tokyo contemporary art fair 2009」 tobi art forum, Tokyo Shinbashi
僕 about me
profile

小さいころに描いていたのは見たこともないロボットや「むかしむかしのある国」のお姫さま。もう少し大きくなるとアニメや雑誌の影響を受けマンガやイラストになったりして、いずれ描かなくなる。

絵を描くことに関して何も特別じゃなく、きっと日本のほとんどの人と同じ経過をたどった僕にとって、絵は美術artだなんて簡単には言えない。

美術とは無縁の環境で育まれてきた(浸食されてきた)絵心は油絵具に触れたところで、物語のない主役を描き続ける。

When I was child, I used to paint pictures of the robot that I have never seen and the princess in fairy tale. When I became a little bit older, I was influenced by animated cartoons and magazines. Gradually, I started to draw cartoons and illustrations, then I stopped drawing.

I don’t have any special background of painting, probably it’s the same as the most of Japanese. So, I can’t say easily that “ Painting is art.”

My heart to painting has been fostered ( I would rather say “has eroded”) in unrelated environment to art. It goes on painting the lead without story, when I touch oil colors.

inserted by FC2 system